--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2014/08/10 (日) 15:35:52

淡路島TTに行ってきました。

2014年8月6日 晴天なり


以前から念入りに?打ち合わせをしていた関西圏自転車乗りの定番サイクリングスポット淡路島でTTをやってきました。

ちなみに今回のTTとはTime Trialでは無く、テキトーツーリングの頭文字をとってのTTですので
IMG_8379_R.jpg
参加メンバー達の出で立ちもサイクリングというには適当過ぎるスタイル

今回の参加メンバー カンザキ伊丹店と愉快な仲間
(誰ひとりとしてレーパン履いておらず、海パン野郎が5人中4人、サンダル履きが3人・・・自分が唯一サイクルジャージを着てますが、柄はガリコツのホネホネ)


観覧車のある有名サービスエリアからシレ~とスタートし、左手に海を眺めながらボチボチ走っていくと
早速道の駅発見したのですかさず立ち寄りましたが、残念ながらまだ開店前という事で買い物は断念

しかし、さすがサイクリングを観光に取り入れようと力を入れているという淡路島だけあって
IMG_8380_R.jpg
道の駅とかには立派なラックが常置されています。 10数年前はこんな気の利いた設備なかったですよ。
(それにしても各々の自転車 モンスタークロス風、ピスト、MTBx2台、ロードとてんでバラバラ ちなみに5台中
3台には釣り竿装備・・・サイクリングは?)

走り出して20kmも経たん間にコンビニ→釣り具屋→道の駅→ローカルな売店→銀行で停車

そんな感じでダラダラ漕いでいる間に60kmコースの分岐点、「志筑交差点」に差し掛かった事に気づいて、慌てて右折して郡家方面を目指します。


誰もサイコン付けてなかったので感覚的でしか覚えていないのですが10数km走ると群家へ到達


そこで待っていたのは 


BEACH

IMG_8381_R.jpg

汗だくだった自分達は、砂浜を見付けた途端、海へダッシュしてそのまま「ドボン」

そう、その為レーパンでは無く、海パン&サンダルだったのですね。


真夏の炎天下のサイクリングで火照った体に冷たい海水が「気持ちエエー」


暫し海水浴を満喫した後は、昼ごはん探しでそこらを行ったり来たりしましたが、周辺には何かいまひとつピンとくる物が無かったので、その場を後に北上


暫く走れど田園風景と海しか見えないので、途中のしがない売店でアイスと水分補給して、店のおばあちゃんに適当な飯を食える店を2、3聞いて再出発!
(今回はコンビニを極力使わず、ワザとローカルな売店を狙ってみましたが、さすがローカル店、水分補給にと
レースボトルに麦茶を入れてくれました。アリガタヤー)


スマホでチェックしてみると、そう遠く無い所で穴子を焼いてる店があるらしく、かなり人気があるとの情報を入手
それならそこへ行こうとペダルを漕ぎまして



IMG_8386_R.jpg

見付けました!と言うより厳密には嗅ぎつけました!の方が正解かもっちゅう位甘辛~いエエ匂いで気づきました。

IMG_8384_R.jpg

この軒先の離れみたいなところで、おばちゃん達が無心に穴子を炭火で焼いてはタレに漬けてを繰り返してます。

とりあえずはお味見にと1匹を注文

しばらくすると
IMG_8385_R.jpg
こんがり焼けた香ばしい穴子の蒲焼がっ!

空腹だった自分は頭ごと穴子をガブッっと

この穴子を食べるまで、自分は正直、穴子をなめてました。
(すいませんでした、穴子さん)

はっきりいって、ウナギの旨さと同じレベルといっても過言ではないでしょう。
カリカリに焼けて香ばしい外側と、ふっくらした中身、適度な油加減が最高の逸品

ご飯党自転車乗りこれ1匹でご飯3杯は確実にいけます。

ただ、残念ながらこのお店ではご飯は売ってないので、予め自分で用意するなり、後でご飯を何処かで買うなりして楽しみましょう。

自分なぞは、あまりの旨さに調子に乗ってその後2匹も食べてしまいました。


胃袋がある程度満たされたなら、またサドルに跨ってLet’s Cyclin’ 

少し走るとすぐにまたBEACHを発見したので、再度海へ「ドボーン」

IMG_8382_R.jpg

もう、何が目的なんかなんてどうでも良くなってきて、本能の赴くままに遊びまして

言うてる間に午後も3時を過ぎた所で、ボチボチ戻りましょうかと相成りまして

暫くの間、海岸沿いを漕ぎ続けます。
(この時が一番サイクリングしていたのかも)


駐車場に戻る前に風呂屋へ行こうと、比較的近い場所にあるという点で松帆の郷というスーパー銭湯へ

で、この松帆の郷というお風呂屋さん、露天風呂から明石海峡大橋と海が見える非常に素敵なロケーションなのですが、たどり着くまでに300m程の坂道を上がらなくてはいけなくて、これが結構きつくてx2
海水浴x2回と日焼けで疲労した自分は思わず途中で自転車降りて歩いてしまいました。

しかし、しんどい目に遭うた後の風呂とオーシャンビューは、それはそれは至福の時間でした。


風呂上りは、橋の麓にある道の駅で淡路ビーフバーガーをたべて(写真撮り忘れてました)


〆の飯(夕飯)は今、淡路島のご当地グルメとして大プッシュ中らしい
IMG_8387_R.jpg
シラス丼を頂きまして


そのまま帰路につきましたとさ。


たぶん、こんなサイクリング、ある方面からは「自転車なめてるんか」とか怒られそうな気がせん事もないですが、
自転車を遊びの道具と捉えるならば、今回の適当ツーリングは走って楽しく、移動が出来て、目的地で違う遊びも楽しめて、旨い飯も喰えてトータルすると、遊びとしての充実度はかなり高かった気がします。

唯一残念だった事はひとつ

釣り道具持ってったのに釣りが出来へんかったぁー!

まあ今回は行き当たりばったりの行動だったので、仕方ないのですが、次回、どこかへ自転車で行く機会があれば
今度こそは釣り竿振ってやるでー!と心に誓ったのでした。


以上、カンザキ伊丹店適当ツーリング部でした。
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | サイクリング
サイクルショップカンザキ伊丹店の自転車入荷、特価情報をご案内致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。